IDS HOME of アイディエス(株)

MTNW社ロゴ.jpg


お勧め商品

NEWTON_01.jpgNewton20部位、26部位、34部位サーマルマネキン
MTNW 社のサーマルマネキン「Newton」は、ヒーターエレメントとセンサーワイヤを埋蔵させた熱伝導性銅に
カーボンエポキシを充填させた複合材で作られています。
先進のCAD でデジタルモデリングされているので安定したテスト結果を供給出来るよう開発されています。
システムはASTM とISO 規格に沿って作られ、衣服や寝袋を評価する評価機関に適しています。
また標準でマネキン制御ソフトThermDAC が含まれています。

Newton概要

新製品

child_manikin01.jpgchild_manikin02.jpgchild_manikin03.jpg

「子供サーマルマネキン」
MTNW社15部位・子供マネキンは、ワイヤヒータエレメントを皮膚下に埋設し、高熱伝導性の銅板部位と炭素繊維から作られています。
マネキンは、10歳児の平均身体形状に合致するよう高度なCADディジタル・モデリングを用いて開発されました。
子供マネキンは、どのような姿勢でもとれるように、肩、肘、腰、膝および足首の接合部が回転できるようになっています。
パッケージは全自動マネキン制御のソフトウェア・プログラム、ThermDACです。
研究所で成人向け衣服評価テストと同様の熱的快適性基準を子供服テストに適用することができる完全なシステムとなっています。

子供サーマルマネキン概要

PC2画像01.bmpPC2画像02.bmpPC2画像03.bmp
ManikinPC2 人体快適性ソフトウェア
ManikinPC2 は、サーマルマネキンを使用した最先端の人体シミュレーションシステムです。今までの開回路制御システムと異なり、
ManikinPC 2は、Newton の皮膚温度分布を読取り、時間経過と共に、精確な生理学と代謝反応を計算から求めます。
マネキンManikinPC2制御システムは、多様な運動レベルに対応、就寝、休憩、作業や運動などの人体代謝を模擬します。
どのような活動レベルでも入力でき、適切な代謝熱量(ワット)がマネキン上に賦課されます。
Newtonによって計測したリアルタイム、高分解能熱損失データのおかげで、温熱感覚(暑さや寒さ)と温熱快適感(快適か不快か)
が数値で計算されるようになりました。

ManikinPC2 人体快適性ソフトウェア概要

image004.jpgimage015.jpg「TPP/RPPテスト装置」
昨今の防護服・用品開発における標準規格ISO17492及びASTM
(米国材料試験協会)規格F2700-03に適合した米国Measurement
Technology NW社製TPP/RPPテスト装置です。
1986年にNFPA1971の改訂、熱防護測定の新テスト方法が紹介され、
熱防護性能(TPP)等級が確立しました。
TPPテスト装置は、対流と放射熱が複合繊維システムを貫通した結果、
皮膚火傷がおきるまでの経過時間を測定します。
RPPテスト装置(標準)は、放射熱が複合繊維システムを貫通した結果、
皮膚火傷がおきるまでの経過時間を測定します。

TPP/RPP概要

HOTPLATE003.JPGkouon02.jpg「ホットプレート専用環境試験装置」
SGHP-8.2 or SGHP-10.5モデル向けに設計され、ISO 11092, ASTM F1868, ASTM D1518や他の規格に準拠したテストが実行される理想的な環境試験装置
です。
ThermDAC制御ソフトウェアの管理下で、ホットプレートと環境試験装置の双方
が一つのユニットとして統合されます。

ホットプレート専用環境試験装置概要